ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

となりの芝はライトブルー

高校時代、なぎなた部に所属していた。

 

主な稽古場は柔道場だったが、柔道部が使用するときは、校門前で練習しなければならなかった。

 

校門…生徒が下校する際、必ず通る場所だ。

ボーグをつけてナタを振り回しているところなど、ホントなら誰にも見られたくなかった。

 

ある日のこと。

柔道部員となぎなた部員が、柔道場の使用権をめぐって争っていた。

話し合いでは、いつまでたっても埒があかない。

 

「ほな、戦って決めるしかないな!」

 

とはいえ、こちらはナタ、あちらは素手。

武道は武道でも、剣道部との試合のようにはいかないので、勝敗はじゃんけんで決めることになった。

 

だだっ広い道場の片隅で、先鋒、次鋒、中堅、副将、大将の順に並び、向かい合って座る。

それぞれが対戦相手と恭しく礼を交わし、一人ずつ勝負するのだ。

 

神聖なる道場の静寂の中、響き渡る言葉は

 

「じゃんけんホイ!」

 

技も、作戦も、なにもない。

3種類の手の形から、どれかを選んで勢いよく出すだけだ。

 

結局、どちらが勝ったか覚えていないが、この異種団体戦の記憶は鮮烈に残っている。

 

61D66502-5E3B-452C-9432-A671D3D28A32.jpeg

 

時は流れ流れて、二十数年後。

高校全体の同窓会が行われた。

二次会で偶然、元柔道部員と元剣道部員と同じテーブルになった。

 

「いやあ、あの時は、お互い必死でしたね〜」

 

思い出話に花が咲き、笑い合う柔道部員とわたしに、剣道部員が言った。

 

「それにしても、どうしてわざわざ五人もじゃんけんしたんですか?

代表者同士が一回やれば、それで済んだのでは?」

 

柔道場の隣にあった剣道場で、いつも悠々とお稽古していた剣道部員に、わたしたちの気持ちなんて分かりっこないわ。

 

わたしは少し卑屈にこう言った。

「剣道部は良かったですよね。剣道場を自由に使えましたもん」

 

すると、衝撃的な答えが返ってきた。

 

「いいえ。僕たちも、卓球部と熾烈な争いを繰り返していました」

 

そうだったのか!

 

…知らなかった…

 

剣道部のことを、ずっと羨ましく思っていた。

柔道部となぎなた部は、年がら年中バトっているのに、剣道部だけいいな〜と。

 

隣の芝は青くなかったと、四半世紀後に知った。

 

人は誰しも、他人のことはよく見えるものである。

隣の芝は、なんだか青々としている。

 

しかしそれは見せかけ、あるいは目の錯覚で、本当は青ではなくライトブルー、それも限りなく透明に近いブルーなのかもしれない。

 

見た目だけでなく、本質を想像する力。

それこそが隣人を思いやり、ひいては自分自身をも成長させる原動力となることを、歳を重ねるたび強く感じる。

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、ポチッと応援のほどお願い申し上げます。

 


人気ブログランキング