ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

就職は、運と相性、タイミング

模擬面接…

スチュワーデススクールで、生徒がもっとも緊張する授業だ。

 

模擬とはいえ、面接官は元スチュワーデスで、選りすぐりの講師陣。

全国から厳しい基準で選ばれた外国人講師も、ペンを構えてまっすぐにこちらを見ている。

面接は入室から退室まで、本番さながらの形式で行われる。

 

とある日の模擬面接レッスン。

 

お題は、

『さいきん観た映画について』

 

ただ映画についての説明だったり、雑談になってはいけない。

その映画を通して、あなたという人物を知ってもらうのだ。

話をうまく自分の強みに持ち込み、しれっと自己PRに繋げる。

おのずと映画のセレクションが重要となってくる。

 

トップバッターは、仲良しのSちゃんだった。

ガチガチに固まった身体から、最初の声が絞り出された。

 

「…わたくしは、生きてこそ…という映画を観ました」

「どんな映画ですか?」

「ひ、飛行機が墜落して…い、生き残るために…じじじ人肉を食べる話です」

 

さっそく講師からストップがかかる。

 

「Sさん、航空会社を受験する上で、墜落や事故の話はご法度です。

機内でも、いくら名作であれ、パニック映画は上映しないことになっています。

ましてや人肉など…」

 

講師は頭を抱えた。

 

「それを踏まえて、映画を選ぶところからやり直して下さい」

 

また別の日。

 

「落ちたことのある会社を再受験することがあります。

その際に必ず聞かれるのが、前回不採用通知を受け取ってから今日まで、どのような努力をしてきたかということです」

 

Sちゃんの番。

 

「わたくしは…お、お仏壇のおばあさまに…御社に合格しますようにと…毎日欠かさず手を合わせて参りました…」

 

「ハイ、ストーップ!」

まるで映画監督がダメ出しをするかのように、質疑応答が止められる。

 

「それは神頼みというものであって、努力ではありません。

語学の習得やボランティア経験など、企業に貢献できる何かをアピールするのです」

 

講師から、ピキピキという音が聞こえてきそうだ。

クラスメイトからは、ひっきりなしにクスクスという笑い声が漏れる。

 

そんな練習を繰り返す中、驚くべきことが起こった。

 

エアライン志望者なら誰もが憧れる、某アジア系航空会社に、Sちゃんが受かったのだ!

たった一人、クラスの誰よりも早く、彼女は空への切符を手にした。

 

E2D80500-29D2-49DC-AC2C-FA44C4D2AE5C.jpeg

 

ちなみにわたしも、その会社に応募したが、書類選考すら通らなかった。

わたしがスチュワーデスになるまでには、ここからまだしばらくの時間がかかる。

 

英会話講師をしたり、派遣社員として働きながら勉強を続けた。

ずいぶん回り道をしたけれど、道中で得たものもたくさんある。

 

そしてわたしは、やっとたどり着いた今の会社が好きだ。

 

就職活動中のみなさん!

あなたのことを必要とし、あなたを待っている職場が必ずある。

その場所が、近いか遠いかは、運と相性、タイミング。

 

あなた自身が楽しくて、ほかの誰かを幸せにできる、そんな仕事がきっとある。

それが見つかる日まで、道なき道を歩き続けよう。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。

 


人気ブログランキング