ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

懐かしの関空フライト

日本人CAの重要な役割の一つ、通訳業務。

英語と日本語をつなぐのが基本だ。

だが入社してすぐ、思いがけない通訳をする羽目に。

それは… 関西弁の通訳。

本国と成田を結ぶ路線に加え、オープンしたての関空にも就航したわが社。

その人員補充のため採用された私たちは、訓練後さっそく関空便に配置された。

仕事とはいえ、ふるさとに帰れる嬉しさに胸が高鳴った。

ご搭乗のお客様も、ほとんどが関西弁を話している。

ホーム感に浸る私とは対照的に、東京出身のY子先輩は聞き慣れない言葉にとまどっている。

今でこそ関西の芸人さんの活躍により、広く理解されるようになったが、当時はまだ謎の方言の域を出ていなかった。

「お客様から(ねえちゃんアテナイ)って言われたんだけど」

まず、ねえちゃんという呼び方をされたことにショックを受けたらしい。

明らかに狼狽している。

ねえちゃん始め、にいちゃん、おっちゃん、おばちゃんという呼称は、関西では親しみをこめて用いられる。

しかし東京の人からすると、初めて会う人間に気安くねえちゃん呼ばわりされると違和感を覚えるらしい。

アテナイ…

ギリシャの首都アテネのことを、古くはそう呼んだと学校で習ったのを思い出した。

だが、ねえちゃんアテネ、というのは文脈的におかしい。

ねえちゃんアテナイ…アテない…

「あっ、わかった!アテはないですか?ってことですよ!」

「アテってなあに?」

「おつまみのことです」(キリッ)

先輩のアクセントが、原語とは違うシラブルに付いていたので手こずったが、無事おつまみをお持ちすることができた。

その後もずっと通訳は続く。

「レーコーって何?」

「アイスコーヒーのことですよ」

「フレッシュって」

「コーヒー用のクリームです」

「ホカシトイテって言われた」

「ゴミ、捨てましょう」

フライトが終わる頃、先輩はクタクタになっていた。

 

話はそれるが、『だるまさんがころんだ』という遊びをご存知かと思う。

小さい頃、誰もが一度は興じたことがあるだろう。

大阪ではこれを 『ぼうさんがへをこいた』 という。

鬼が10数えるために、便宜的に10文字のフレーズが必要なのだが、地域や年代によってかなりバリエーションに富んでいることがわかった。

地域によっては、ここには書けないような差別的フレーズもあるらしい。

だが、ぼうさんがへをこいたも、かなりまずい。

聖職者であるお坊さんのことを、屁をこいたと辱め、さらに屁をこいた屁をこいたと、執拗に繰り返すのだから。

えべっさんがわらった とか、

おこのみやきがこげた とか、

つうてんかくであそぼ とか 、

他にいくらでもあっただろうに。

その後、数年で関空への乗り入れはなくなったが、あの忙しくも楽しい日々のことを、今も懐かしく思い出す。

 


 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、ポチッと応援のほどお願い申し上げます。


人気ブログランキング