ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

犬は人に付き猫は家に付く

大好きな美容室TAYA

f:id:ciel114:20190203175342j:plain

(写真はイメージです)

 

わたしが16年間通っている美容室、TAYA。

担当者のMちゃんが、3月いっぱいで店を辞めることになった。

アシスタントのころから、かれこれ10年以上お世話になっている彼女。

TAYAが、そしてMちゃんが大好きなわたしは、しばらく言葉を失った。

と同時に、これからどうするのか自分に問うた。

答えはもちろん、「Mちゃんに付いていく」だ。

けれど、長年自分に染みついた習慣となっている、あの店に行けなくなるのはつらい。

 

わたしの行きつけのTAYAは、駅から歩いて数分の距離にある。

近くには、郵便局や銀行、コンビニ、スーパーに書店、そしてドラッグストア。

主婦にとっては、この周辺でほとんどの用事を済ませられると言ってもいい。

すこし歩くと、たくさんのマンションが建ち並んでいる。

繁華街と住宅街とを結ぶ、便利だが比較的しずかなエリアにあるから、店はいつも地元客でいっぱいだ。

 

かつて表参道や銀座で美容室ジプシーをした果てに、行きついたのがこのTAYAだった。

ふだん着で、ほぼほぼすっぴんで、しかも歩いて行ける気軽さ。

なにかと髪悩みの多いわたし。

月に2回、3回と足を運ぶことだってザラにあった。

 

場所を取るか人を取るか

しかし、つぎにMちゃんが勤めるところは、電車を乗り継いで行かなければならない。

往復の時間、労力と電車賃。

諸々の条件において、通うためのハードルが上がる。

Mちゃんの腕に惚れ込んだ人のなかにも、地の利を選ぶ人がいて当然だ。

 

だがわたしは、場所ではなく人に付くタイプの人間みたいだ。

犬は人に付き猫は家に付くということわざがあるが、この点においてわたしは犬であるらしい。

 

対価を払って商品を買ったりサービスを受けるときに、わたしがいちばん大切にしているのは信頼関係である。

目に見えないものだからこそ、ていねいに育んでつなげていきたい。

 

また女にとって、最善の美容師を味方につけることは、美への最短距離を知っているに等しい。

Mちゃんは、わたしの髪もココロも知りつくした、わたしにとって最強の味方なのである。

 

f:id:ciel114:20190203180745j:plain

 

新しい春のはじまり

お世話になったアシスタントのTくん。

たしかな技術と、あたたかなおもてなしをほんとうにありがとう。

あなたと一緒に、いつまでも笑っていたかった。

Mちゃんとともに店を出ることをお許しください。

 

そして店長さんはじめ、お店のスタッフさんたち。

いつも快適な時間と空間をありがとうございました。

 

みなさんと会えなくなってしまうのは寂しいけれど、Mちゃんの新天地での最初の顧客として、彼女の活躍を見守っていきます。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

読んだよ!のかわりにポチッと頂けると励みになります。

👇


人気ブログランキング