ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

年の瀬に思うこと

f:id:ciel114:20181229160128j:plain


ああ〜忙しい!

時間が足りないわ!

宝塚歌劇「ファントム 」の登場人物、カルロッタの台詞である。

オペラ座の支配人、アラン・ショレの妻であり、プリマドンナの彼女。

経営のたいへんさをボヤきつつも、今後の野望に満ちあふれている。

 

カルロッタじゃないけど、どうして十二月ってこんなに忙しいんだろう。

上旬に風邪をひいて用事が捗らなかったことも大きいが、中旬にフライトから帰ったあとの忙しなさといったら!

 

シエルのトリミング(月に一度)

縮毛&デジパーまつり(半期に一度)

人間ドック(年に一度)

息子のパスポート更新(五年に一度)

運転免許の更新(五年に一度)

これらの行事がぜーんぶ凝縮されて、下旬に集中。

 

加えて介護のための大阪帰省、月四回コースのピラティスを三日連チャンでむりくり消化、複数回の宙組公演観劇など←

 

かけぬけるように過ぎ去った十二月。

そして、あと三日足らずでことしの幕が降りようとしている。

 

うれしかったこと、悲しかったこと。

生きるのがつらかった日々、生きていてよかったと思えた日々。

そのいずれをも抱きしめて、あたらしい年へと向かうのだ。

 

人間やってると、次から次へといろんなことが起こる。

カルロッタの言うように、人生はやることだらけ。

だけど彼女のように、どんなときも力強く、未来への展望をもって生きたいと思う。

 

すべてを手に入れることは不可能でも、自分がほんとうに大切なものを守るため、そのときにできる最大限の努力をする。

そんな果てしなき生命の営みをくりかえし、人は年を重ねていくのかもしれない。

 

さあ、2018年もあとわずか。

部屋だけでなく、自分の気持ちも整理しつつ、来たるべき新年に備えよう。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックを頂けると励みになります。

 

餅ベーション?


人気ブログランキング