ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

3Kなどではない

奇妙な体験をした。

となりの駅に用事があり、電車に乗った。

すいていたので、ひと駅だったが腰をかけた。

それは端っこの座席で、向かいにもだれも座っていなかった。

 

つぎの駅を知らせるアナウンスを聞き、立ち上がった。

すると、ふたつとなりの席に本が置いてあるのが目に入った。

乗ってきたときには、わたしが座ったシートにも、向かい側のシートにも、なんにもなかったはずだ。

とつぜん視界にあらわれたその本を、まじまじと見つめた。

この本はいったい、いつ、どこからやってきたのか?

わたしは今日、本は持ってきていない。

とりあえず、自分のものでないことを確認し、電車を降りた。

 

ふしぎな気持ちのままホームを歩いていると、車内にいた大学生くらいの男の子が追いかけてきた。

さっきの本を掲げて、彼はこう言った。

「これ、違いますか?」

「ちがうんです。ありがとうございます。」

わたしは弾かれたように両手を振って否定したあと、あわてて礼を付け加えた。

ガールフレンドとおぼしき女の子も、その車両を降りて心配そうに見守っている。

わたしのために、かけてきてくれた男の子。

親切に、心がじんわりとした。

と同時に、はやくもういちど同じ電車に乗ってほしかった。

しばらく停車していたので、男の子はもよりのドアから乗車し、待っていた女の子と合流することができた。

わたしはホッとして、ふたたび歩きはじめた。

電車をひとつ逃すかもしれなかったのに、知らないだれかのために自分の時間を差し出そうとした男の子。

きっと神様は、彼みたいな人間を祝福されることだろう。

 

f:id:ciel114:20181018201429j:plain

 

しかしあの本に関しては、どうしても疑問がのこる。

茶色い革のカバーから、クリーム色のふせんがピロピロと飛び出していた。

どこかで見たことがあるような、ないような。

少なくともひと駅のあいだ、わたしのまわりにはだれも来なかった。

本が置いてあったのは、人が近づく気配を確実に感じる距離である。

 

もしあの本が、瞬間的にべつの時空からやってきたものだったら。

もしあの本が、自在に存在を消したりあらわしたりできたなら。

もしわたしの目が、見たいものだけを見ていたとしたら。

 

そんなSFまがいのことを考えながら駅を出た。

もしかしたらあの若いカップルも、人間ではなく神様の使いだったのかもしれない。

 

加齢か?過労か?勘違いか?

そのいずれでもないと信じたい。

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援クリック励みになります。

 


人気ブログランキング