ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

男の子を持つ母親が、息子との関わりの中で得るもの

f:id:ciel114:20181012142000j:plain

 

けさ、洗面所で洗濯物の仕分けをするわたしに、夫がこう言った。

「サッカー着を洗濯するのも、これが最後だね」

 

息子は高校3年生。

ただいま、絶賛受験生である。

この時期まで部活を続けているのは、彼が通うのがサッカーの強豪校だからだ。

サッカーだけでなく勉強にも手を抜かない学校だから、その点では環境に恵まれている。

 

いよいよ明日は、最後の選手権。

選手層が厚すぎてレギュラーにはなれなかったけれど、すばらしいチームメイトとプレーできたことは彼の一生の宝である。

なにより、心の結びつきが固い。

苦楽をともにした仲間との絆は、かけがえのないものだという。

 

f:id:ciel114:20181012142329j:plain

 

小学校のときから、盆暮れ以外はずっとボールを追いかける毎日。

長期休暇がないから、家族旅行にも行けなくなった。

 

朝夕と練習があり、週末は試合に明け暮れる。

わたしは5時に起きてお弁当を作り、小さな背中をベランダから見送った。

素直な息子は、いまでもわたしの姿が見えなくなるまで手を振ってくれる。

わたしはその笑顔だけで、毎朝がんばることができた。

 

はじめはちっちゃいお弁当箱だったのが、しまいには工事現場で働くひとのような大きさになった。

動くぶんだけ消費するから、食べても食べても足りないのだ。

3段に分かれたお弁当箱を毎日いっぱいにするのは、たいへんなことだった。

だけどお弁当を作るのも、もうすぐおしまいだ。

部活を引退したあとは、卒業が待っている。

 

小さくあどけなかった少年が、いまやわたしを見下ろすまでになってしまった。

いや、大きくなったのは身体ばかりではない。

心も着実に成長を遂げている。

 

小学校受験以来、エスカレーター式になんとなく進学してきた息子。

はじめてひとりで立ち向かう受験に、心が折れるんじゃないかと心配していたが、彼なりに将来を見据えて着々と準備を進めているようだ。

 

彼の屈強な精神力を培ったのは、まぎれもなくサッカー部での厳しい日々である。

他者との競争。自分との戦い。

つねに気が抜けない状況のなかで、自分なりにたくさんのことを学んだのだろう。

練習着に刻まれた君の努力を、お母さんは誇りに思うよ。

 

わたしがフライトでいないときは、いつも夫が代わりに洗濯をしてくれた。

おかげで息子は母親がいなくても、きれいな練習着でサッカーをすることができた。

小学生のあいだは、わたしの留守中、義母が身の回りの世話をすべて引き受けてくれた。

あんたの練習着は、家族の愛情と思い出がいっぱい詰まっているんだよ。

 

もうこれを洗うこともないんだと思うと、いろんな思いがこみ上げてきて、洗面所にしゃがみこんで泣いてしまった。

12年間、雨の日も雪の日も、回し続けた洗濯機。

洗濯物が少なくなる日を待ち望んでいたくせに、いざそうなると思うと寂しい。

 

サッカー漬けだったこれまでの人生。

大学に入ったら、サッカーとは違うことがやりたいそうだ。

なにをはじめようと、彼が望んで決めたことなら、わたしは全力で応援するつもりだ。

 

あしたの選手権には、わたしも父兄として応援に行く。

息子がともに支え合い、いっしょに歩んできたトップチームの仲間が、最後の戦いに漕ぎだすのを、この目でしかと見届けたいと思う。

彼らは11人で戦うのではない。

チームメイト、監督、先輩方…そして、それぞれの家族。

みんながフィールドに向かって、見えない力を送る。

息子のサッカー人生の集大成を担ってくれる大切な仲間たち。

頼もしくて愛おしい。

有終の美を飾ることができるよう、陰ながら精いっぱいのエールを送りたい。

 

f:id:ciel114:20181012142903j:plain

 

 

ブログランキングに参加しています⚽️


人気ブログランキング