ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

東京ミッドタウン フランス産トリュフづくしのレストラン【アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ】でアートなランチを

f:id:ciel114:20180919162242j:plain

 

東京ミッドタウン ガーデンテラス内 一階、アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ。

パリ本店と同様、フランス産トリュフにこだわった日本初出店のトリュフ料理専門店である。

 

www.tokyo-midtown.com

 

国立新美術館にルーブル展を見に行った帰りに訪れてみた。

 

広々とした優雅な店内。

窓の外にはコージーなテラス席が。

 

f:id:ciel114:20180919164149j:plain

 

まだ暑かったので、だれもいなかった。

秋には最高に居心地の良い場所になるだろう。

 

f:id:ciel114:20180919164204j:plain

 

ここで特筆すべきは、前菜からデザートまですべてのメニューにトリュフが使用されていること。

わたしが選んだランチコースをご紹介しよう。

 

まずは、トリュフドレッシングのグリーンサラダ。

ワインは、マルケ ビアンコ ガルビ ボッカディガッビアを合わせて。

 

f:id:ciel114:20180919164740j:plain

 

シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、ヴェルディッキオの三品種による、爽やかでコクのある白ワイン。

どんなお料理に合わせてもOKという、守備範囲の広さが強みだ。

 

ここでサービスされるパンは、ベルギー発の世界的ベーカリーレストラン、ル・パン・コティディアンのもの。

 

www.lepainquotidien.jp

 

オーガニック小麦を使った香ばしいパンは、特製トリュフ入りオリーブオイルやバルサミコ酢をつけていただくと、もうそれだけでごちそうに!

 

f:id:ciel114:20180919171811j:plain

 

トリュフ塩をはじめ、トリュフづくしのオリジナル調味料が店頭で購入できる。

 

そしてサーモンのパスタには、ぜいたくトリュフがた〜っぷり。

パスタはモチモチで、秀逸なコンビネーション。

 

f:id:ciel114:20180919164753j:plain

 

デザートのピーチメルバ。

なんとアイスクリームにも香り高いトリュフが仕込まれている!

桃はうっとりするほどフレッシュでジューシィ。

まるでアートのような色合いも、心躍らせる。

 

f:id:ciel114:20180919164808j:plain

 

お昼だったのでお肉料理を注文しなかったが、ワインリストにわたしが溺愛するジュブレ・シャンベルタンの名前を見つけ…

 

f:id:ciel114:20180919172711j:plain

 

肉なしでいただいた!(男前!)

 

f:id:ciel114:20180919172442j:plain

 

ルーブル展で雄々しいナポレオンの肖像画を見てきたので、彼の愛した力強いワインがどうしても飲みたくて。

うん、間違いない。

 

f:id:ciel114:20180919175209j:plain

 

国立新美術館で展覧会が開催されている期間中は、各店舗でお得なキャンペーンが行われている。

 

展覧会のチケット半券を提示すれば、割引やプレゼントなどのサービスが受けられる。

わたしは茅乃舎の焼きあごだしを買って、鶏だしのおまけをもらった。

すばらしい還元率!

 

もちろんレストランでも。

アルティザン ドゥ・ラ・トリュフ・パリでは、お会計から10パーセントオフ。

心も体も満たされる、パリへのショートトリップを、あなたもぜひ。

 

一休のお得なメニュー・プランはこちらをどうぞ。

 

 

 

励みになりますので、応援クリックお願いします🌝 

 


人気ブログランキング