ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

なぎなた部同窓会@江戸堀タバーン in 肥後橋

まもなく、創立100周年を迎えるわが母校。

人生を振り返ってみるに、高校3年間がいちばん楽しく、また希望に満ち溢れている時代だった。

100周年記念の日に先立って、先日わたしが所属していたなぎなた部のOG総会が開かれた。

廃部となったあと、ながく手つかずの状態で預けられていた部費を、このたび母校に寄付するという連絡をいただいた。

同時に同窓会も開催されるというので、早くから会社に休みを申請し、はやる気持ちで大阪へと飛んだ。

 

参加者40名弱、最上級生と最下級生の学年差およそ15年。

こんなに大勢の部員が一堂に会したことは、かつていちどもなかった。

卒業後連絡がとだえ、バラバラの場所に住んでいる人たちを集めるのは、たいへんなお骨折りであったと思う。

また、眠っていた部費を生きたお金に変える諸手続きを代表してくださった先輩には、感謝してもしきれない。

 

高校3年間のうち基本的に直接関わりがあるのは、ひとつ上の学年とひとつ下の学年だけである。

だがこの会では、期を超えての交流を持つことができた。

 

はじめてナタを握った日のこと。

防具をつけた自分と同期の姿。

道場に掲げられた「文武不岐」の文字。

はだしで相手にふみこんで行く感覚。

試合のときの緊張感と、仲間たちの熱い声援。

 

暑い日も寒い日も、明けても暮れても武道に打ち込んだ思い出がよみがえる。

同じ経験をした者たちは、同じ時間を共有していなくても通じ合える。

同じ景色の中、同じ志を抱いて、練習に励んできたから。

多くを語らなくても、それだけで分かり合えるものがある。

先輩後輩というのは、目に見えない糸で繋がっているのだ。

同学年や近い学年の部員は言わずもがな。

苦しいときも嬉しいときも、青春の日々を分け合った友。

ながく会っていなくても、一瞬にしてあの日へとタイムスリップできるのは、それだけ密度の濃い時間をともに過ごしてきたあかしだ。

 

このように貴重な機会を設けてくださった幹事の皆様、そしてお店の方々には心より御礼申し上げたい。

f:id:ciel114:20180916174054j:plain

グルメの街、大阪のど真ん中に店を構えるイタリアン、江戸堀タバーンさん。

ピザにパスタ、ステーキにドルチェと、とっても美味しいお料理が惜しげもなく運ばれてくるさまは圧巻だった。

 

東京ではぜったいにこうはいかない。

ちょびっとお皿に載ったお料理が、うやうやしく出てくるのが常。

 

こんなにクオリティが高く、ボリュームのあるお料理を提供するお店が全国に広がればと願うばかりだ。

大阪にお越しの際には、ぜひ足をお運びいただきたい。

f:id:ciel114:20180916174119j:plain

母校では100周年を記念して、さまざまなイベントが企画されている。

遠方なのでなかなか参加することはできないが、心だけはいつもそばにある。

愛する母校のますますの発展を、心よりお祈り申し上げたい。

 

 

励みになりますので、ポチッとクリックお願いします🌼


人気ブログランキング