ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

中川家 礼二氏演ずるオカンは、生きとし生ける大阪のオカンの共通項である件

f:id:ciel114:20181129133742j:plain

中川礼二さんが演じる「大阪のおかん」

息子から、ある動画を見せられた。 

「お母さんに似てるんだよね〜」

なになに?

どんな女優さん?

見せられたのはこの映像。

 


中川家 パートから帰ってきたオカン

 

中川家の礼二やん!(爆笑)

 

どれどれ?

うふっ、たしかに言ってる。

こんなかんじのこと。

「あんたホンマ人の話聞いてへんなぁ〜」のくだりなんか、まさにわたし。

 

実家の母はテレビを観ながら、「イヤ!このひと痩せはったなぁ〜」みたいなこと、よく言ってたなぁ。

知り合いでもないのに(笑)

 

礼二氏演ずる大阪のオカンは、大阪のオカンの普遍性を体現している。

いろんなオカンの特徴を網羅しているというより、大阪のオカンをぜんぶ足して頭数で割ったような。

ひとつひとつの仕草や言動のなかに、世間一般の大阪のオカンが日頃よくやっていそうなものが織り交ぜてある。

 

いまこれをご覧になっている大阪のご婦人方は、礼二のなかに少なからずご自身を見いだしておられるのではないだろうか。

 

それにしても、東京に来てもう20年以上経つというのに、息子が抱くわたしのイメージが「礼二のオカン」とは…

 

機内でだけは、大阪のオカン節が出ていないことを祈る。

 

「コテコテのスチュワーデス」っていうネタも見てみたいなあ!

 

 

ブログランキング参加中です。

応援クリックいただけると励みになります!


客室乗務員ランキング