ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

東宝【エリザベート】 ルキーニ役の高嶋政宏氏は、人格者の暗殺者だった

f:id:ciel114:20180722180137j:plain

ミュージカル【エリザベート】といえば、思い出深いエピソードがある。

もう十年ほど前の話になるだろうか。

機内で高嶋政宏さんにお会いしたのだ。

 

その日は、珍しくクルーが「クールな日本人がいる!」と騒いでいた。

ヨーロッパ女子が、日本人男性をかっこいいと言うことはあまりない。

いったい、どんなお客様なんだろうと思っていたら、俳優の高嶋氏ではないか。

そりゃ、かっこいいに決まっている。

 

欧州での旅番組収録の帰りにご利用くださったのだが、少しだけお話させていただくことができた。

わたしが宝塚ファンだと言うと、お母さま(寿美花代氏)の影響で、ご自身も宝塚がお好きだとおっしゃった。

当時東宝で、皇后殺害の罪で投獄されたテロリスト、ルキーニの役を演じられていた高嶋さん。

そのころはまだ宝塚一辺倒で、東宝のお芝居を見たことがなかったわたし。

高嶋さんが気さくに話してくださるのをいいことに、ルキーニの幕開きの決まり文句を、ご本人の前で披露?してしまった。

 

「さっさと地獄へでも天国へでもやってくれ!(ドヤ顔)ですよね!」

まさかシベリア上空で、見ず知らずのCAの口から、自分のセリフを聞くとは思わなかったのだろう。

高嶋さんは吹き出した。

「おもしろい方ですね〜」

いかにも楽しそうに笑ってくださる。

あとにもさきにも、本役さんを前にものまねをしたCAはわたしだけだと思う。

 

しかし!

あとから気づいたことがある。

それは、宝塚と東宝とでは、セリフが微妙に違っていたことだ。

東宝版では、

「さっさと地獄へでも天国へでもやってくれ!

ケ◯でも掘ってやろうか、裁判官どの」

と続くのだ!

清く正しく美しい宝塚歌劇団では、ケ◯とか掘るとかいう表現は、すみれコードに引っかかってしまう。

だから、わたしは知らなかったのだ!

その一節にケ◯が後続することを😱

知らぬが仏、とはまさにこのこと…

 

「ところで、つぎのエリザベートはどなたに決まりましたか?」

しばらく日本を離れていたので、ちょうど選考中だった次期エリザベート役をご存知なかった高嶋氏。

「湖月わたるさんですか?」

「いいえ、朝海ひかるさんです」

あとから考えると、この会話もあべこべでおもしろい。

 

「宝塚だけでなく、東宝も観にいらしてくださいね」

「ハイ!」

一介のCAにも、とても礼儀正しく、素敵な暗殺者のご搭乗だった。

 

時は流れて、わたしが愛しぬいた元月組トップスター瀬奈じゅん氏が、退団後女になって東宝でエリザベートを演じられたとき。

ルキーニは、あの高嶋政宏氏だった。

初めて見る生の舞台姿。

二階の末席も末席であったが、高嶋さんの迫力はすごかった。

「高嶋政宏」ではなく、「ルキーニ」でしかなかった。

狂言回しのルキーニが、二千人近くの観衆を、一気に帝国劇場からハプスブルク政権下のウィーンへと連れて行く。

偉大すぎて偉大すぎて、涙が出た。

 

その後、この役は山崎育三郎氏と尾上松也氏にバトンタッチされたが、わたしはもう一度、やさしい狂気のテロリスト、高嶋ルキーニに会いたい。

 

 

ブログランキングに参加中です。

応援いただけると嬉しいです。


客室乗務員ランキング