ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

体育会系男子によると、エリザベート皇后はもっとがんばれるらしい

家にいるとなにかと誘惑が多いので、毎日予備校の自習室で勉強している息子。

受験生なのに、毎朝サッカー部の朝練があり、心身ともに疲労困憊しているようだ。

日々ストイックに暮らす彼の、いまいちばんの癒しが、勉強しながらミュージカルの曲を聴くこと。

そもそも、音楽を聴きながら勉強できるんかっちゅー話なのだが、彼なりの集中方法でもあるらしい。

最近のお気に入りは、「エリザベート」

エリザベートは、姉の見合いの席でオーストリア皇帝フランツ1世に見初められ、思いがけず王家に嫁ぐことになるが、お妃教育を受けていない彼女は、義母となった皇太后ゾフィーの攻撃の的となり、世紀の嫁姑戦争が勃発する。

結婚式の翌朝、エリザベートの寝室にゾフィーが来て言う。

「なんて寝坊なの」

「まだ5時です」

「顔は洗ったの」

「これからしますわ」

「歯を見せて。口を開けて。黄ばんでいるわね」

「磨きますわ」

「真っ白になるまで」

このように一部始終、行動を制約され、しまいには子どもさえとりあげられてしまう。

自由な魂を持った彼女は、死ぬまで窮屈な暮らしになじめず、最後には黄泉の帝王トートと結ばれるというストーリーだ。

小さいころからわたしの趣味につきあわせて、いろんな舞台につれて行った甲斐があって?すっかり演劇ヲタクに成長した息子から、今日こんなラインがきた。

 

f:id:ciel114:20180721000840j:plain

わかる。わかるよ。あんたの気持ち。

めっちゃがんばってるもんなぁ。

皇后になったというのに、ちっとも自覚のないエリザベートのこと、ディスりたくなるのもわかる。

帝劇版エリザベートでは暗殺者ルキーニが、ゾフィーから子どもをとり返したくせに、結局育児は人任せで、自分は出かけてばかりだったってバラしてたもんね。

でもね。

人生はそれだけじゃない。いろいろあんのよ。

これから君にも、きっとわかる日がくる。

とりあえず、毎朝5時に起きて、ちゃんと歯も磨いて、一生懸命勉強しているあなたを、お母さんは応援してる。

わたしたちは鏡同士。

だけどエリザベートのように、あなたを見捨てたりなんかしない。

晴れて大学生になったら、また一緒にエリザベートを観に行こうね!

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります👑


人気ブログランキング