ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

宙組トップスター 真風涼帆様 お誕生日記念 【天は赤い河のほとり】Blu-rayの歩き方

7月18日。

今日は、宝塚歌劇団 宙組トップスター 真風涼帆氏の誕生日だ。

日付が変わった瞬間から、インスタやツイッター上では、ゆりかちゃん(真風氏の愛称)へのバースデーメッセージが飛び交っている。

こんなにも世の女性を熱狂させ、お誕生日を祝福してもらえる彼(彼女)は、やっぱりスーパースターだ。

わたしもこの場をお借りして、心からのお祝いを申し上げたい。

ゆりかちゃん、ハッピーバースデー🎉🎈🎁🎂🎊

 

さて、この偉大なタカラジェンヌが、その人気を確固たるものにした傑作

天は赤い河のほとり

主人公 カイル ムルシリに扮した凛々しい舞台姿は、わたしたちファンの心をわしづかみにし、千秋楽から1ヶ月が経ったいまでも、その残像に恋い焦がれさせ続けている。

ソムリエ的に言うと、この作品は良質のワインのようだ。

たとえるなら、極上のソーテルヌ。

黄金色に輝く、すこし粘性を帯びた(←ここポイント笑)外観。

ハチミツや、熟した果実のような豊穣な香り。

蕩けるような口当たりは五感のすべてを呼び覚まし、その味わいは悦びという波に姿を変えて、あとからあとから打ち寄せてくる。

そしてアフターには、いつまでも華やかで甘やかな余韻が残る。

…しかし!

天河がワインとは決定的に違う点がひとつある。

それは、ひとたび味わうと「天河ロス」になってしまうことである。

寝ても覚めても作品のことが頭から離れない、恐ろしい流行り病。

なかでも、赤い河のほとりで蔓延している「真風邪」に感染した人は、いつまでも熱が下がらず苦しい思いをしている。

予防接種を打っていない(新しい宝塚ファンの)方たちはとくに、抵抗力がないためひときわ大きなダメージを受けているようだ。

わたしはツイッターで「だれか医師を!そして薬師も!」と呼びかけた。

しかし「いいね!」が増えるだけで、具体的な治療法は見つからなかった。

いったんこの病気になってしまったら、沼で泳ぎ続けるしかないのが現状のようだ。

だが、ずっと泳ぎ続けていると体がもたない。

対処療法でしかないが、わたしは市販の薬を使って症状を抑えている。

お薬一覧

  • 原作
  • ブルーレイ
  • プログラム
  • ルサンク
  • 歌劇
  • CD
  • スカイステージ
  • ブロマイド など

 今回は、なかでも即効性のあるブルーレイについてレビュー記事を書きたいと思う。 

まず最初に申し上げたいのが、この作品の生みの親である篠原千絵先生は、神が与えし天才漫画家だということ。

その超大作を、こんなに魅力的なお芝居にされた小柳奈穂子先生は、脚本を操る高位の神官であるということ。

そして主役のカイル皇子を演じた真風涼帆の破壊力は、国を滅ぼすレベルだということ。

え?もうすでに薬事法に引っかかってる?笑

前置きはこのくらいにして(長いんじゃ)ブルーレイの見どころや萌えポイントを、つぶさに堪能していくことにしましょう!

 

まずは、冒頭の壮大なテーマ曲から。

Ahー Ahー Ahー Ahー Ah Ah Ah Ah ♪

このナンバーが脳内でエンドレスリピートし、日常生活に支障をきたしている患者は多いと思う。

この高揚感はどこからくるのかと思ったら「未来への旅路」も「天は赤い河のほとり」も、ゲームミュージックを手がける下村陽子さんが担当されたとのこと。

とてもキャッチーで、いちど聴いたら耳に残る中毒性があるのは、それが原因だったのだと納得。

トップバッターは、芹香斗亜(キキちゃん)演ずる、エジプトの将軍ラムセス。

目がカッコイイ、髪型がカッコイイ、声がカッコイイ😍

もう、彼の登場シーンだけでもブルーレイの元が取れちゃいますよ←早い早い

その美しさの余韻にひたる間もなく、メインキャストたちが「これでもくらえっっ!」ってな感じのキメッキメのドヤ顔で、次々と階段を下りてくる。

宝塚って、こういう場面があるからファンが骨抜きになってしまうんですよね。

出てくるだけで惚れさせる。

これはもう魅力じゃない、魔力ですよ。

表情だけで、役柄のバックグラウンドまで伝わってくる。

言葉を発さない登場人物たちも、それぞれがそのキャラにしか見えない。

もはや魔法。

そして!

♪───キO(≧∇≦)Oタ────♪

奈落からせり上がってくる真風カイル。

背中を向けているのに、王者の風格ダダ漏れ。

マントをひるがえし、スポットライトが当たった瞬間の客席の熱量といったらアナタ!

「遠くあの天に輝く ただひとつの星に誘われて

ああ ふみだした旅路は 果てしのない未来への約束」

ハイここで、萌えスポットが2点出てきますよ。

まずは「ただひとつの」で人差し指を勢いよく天に向かって突き立てるところ。

もうひとつは「未来へのヤクソク」で大きく投げキッスをするところ。

もう、これだけでブルーレイの元が(だからまだオープニングだってば笑)

わたしはゆりかちゃんの、手の動きが好きなんですよ。

アームが長いから?いや、それだけじゃない。

指の先まで表現力豊かで、心情がダイレクトに伝わってくる。

真風氏の手は、心臓とつながっているに違いない。

これは一朝一夕には身につかないもの。

訓練のたまものというより、彼自身の包容力によるものかもしれませんね←もうすっかり「彼」表記(笑)

この場面、仲間たちがカイル皇子を見つめる目がまた素晴らしい。

主君への信頼に溢れたまなざしは、カイルが尊敬に値する存在であることを雄弁に物語っている。

全編通してほとんど笑わない元老院議長イル・バーニまでが、にっこりと微笑んでいるさまは、見ているだけで幸せな気分だ。

目線だけでなく、キレッキレの踊りにも注目したい。

蒼羽りく、和希そら、留依蒔世の「二枚目三隊長」はじめ、ハディと双子も「チャーリーズエンジェル」ばりの格好良さ。

わたし的にツボなのは、雄々しい男たちが前傾姿勢で左右にスライドする動き。

「イケメン反復横跳び」とでも名づけたいくらいだ。

そしてマントをなびかせながら、単独での銀橋渡り。

真風涼帆ここにありという、お披露目公演にふさわしい豪華絢爛な幕開けだ。

 

場面は変わって、カイル皇子を探す麗しい姫君たち。

カイルが「やれやれ、積極的な姫様方だ」というくらい、みんなカイル皇子の寵を得ようと必死だ。

だれが今宵の寝所に呼ばれてもおかしくないほどの艶やかさだが、皇子は正妃どころか側室さえも持っていない。

彼には理想の治世があり、それを叶えるためには見せかけの美貌よりも王と同じ器量を持つ妻が必要だと考えているためだ。

その条件にぴったりとマッチするのが、日本という異国、しかも未来からやってきた少女。

時空を超えて愛し合う二人の、28巻(文庫版なら16巻)にも及ぶ大長編ラブロマンス。

それを数時間のお芝居に凝縮するのだから、割愛せざるを得ないシーンがいっぱいなのは当然だ。

そのなかで、わたしが個人的にいちばん見たかったのは、ユーリと結ばれるまでのカイル皇子の葛藤。

帝国一のプレイボーイが、好きになった女を自分のものにしようとはしない。

いちど抱けば、もう二度と元の世界に還したくなくなるのがわかっていたからだ。

そのストイックさは、弟のザナンザ皇子をして「兄上、がまんのしすぎは体に悪いですよ」と言わしめるほど(笑)

すれ違いを繰り返したぶん、二人がひとつになったときの感動は計り知れないのだが、宝塚版では二人の気持ちの推移までを扱う時間がなくて残念だ。

ユーリをその腕に抱きたくて、悶々とする真風カイルをみなさんもご覧になりたかったですよね??

原作では、二次元のゆりかちゃんがユーリへの愛に苦悶する姿を見ることができますよ❤️

ハッ!もうこんな時間!

最初の方に時間をかけすぎてしまった😓

ほんとうはもっと細かく順を追って、いろんなエピソードやキャラクターについて書きたかったのだが、そんなことをしていると、大事なゆりかちゃんのお誕生日が終わってしまう!

それだけは避けたいので、最後の戦いのシーンに移ろうと思う。

カイル皇子の「最後の戦いの始まりだ」という一言を皮切りに、オープニングナンバー再び。

こんどは「未来へのヤクソク」で剣に口づけるカイル。

わたしは剣になりたい(以下自粛)

続いてこの物語の、最大の見せ場のひとつ。

国いちばんの名将同士である、宿敵カイルとラムセスの命をかけた一騎打ち。

あまたの戦に身を浸してきた二人だが、この男にだけは負けたくないという、ひとりの人間としての尊厳をかけた戦い。

そこには地位も名誉もなにもない。

男と男の魂がぶつかり合う、壮絶な立ち回りだ。

いや、立ち回りなどと呼んではいけない。

それほど真に迫った、嘘のない勝負だからだ。

原作では、両者とも真っ裸で取っ組み合うのだが、宝塚ではそういうわけにはいかない。

なので着衣のままであるが、原作の雰囲気を忠実に再現している。

激しい競り合いの末、カイルが優勢となり、ラムセスに剣を突きつける。

この、とどめを刺されているキキちゃんの横顔がなんとも言えずセクシー✨

負けの美学なるものが存在するとしたら、キキラムはそれを見事に体現していると思う。

こうして文字通り、エジプトとの最後の戦いに終わりを告げ、カイルは皇帝に、ユーリは皇妃となる。

戴冠式を前に、カイルは「大切なことを言っていなかった」と、ユーリにあらためてプロポーズ。

考えてもごらんなさい。

あんなに素敵なゆりかちゃんが自分の前に跪いて、しかもスカートの裾に口づけながら「どうか、わたしの妻になってほしい」なんて言ってくれるんですよ?

ネルガルと手を結んででも、言われてみたいですよね。

「ユーリはん、ボーッとしてる場合やおまへんで!」←紅さん演ずる、Another Worldの康次郎さんふうに(笑)

そのあと我に返って「カイル!カイル!」と抱きつくユーリも、とっても可愛いんですけどね❤️

公演は終了しましたが、Blu-rayのなかでは愛すべき登場人物たちがあの日のまま息づいています。

大好きなきらめきと、感動を閉じこめた小さなディスク。

いつでも、何度でも行こう。

真風カイルが生きた、あの赤い河のほとりへ。

 

応援クリックいただけると嬉しいです。 


人気ブログランキング