ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

人騒がせなお客さま

f:id:ciel114:20180705225853j:plain

成田へ向かう飛行機の、出発間際。

若い女性客が、しゃくりあげるように泣きながら、搭乗口にいるクルーのヘレに話しかけている。
わたしは別の業務に従事しながらも状況を把握するため、二人のやり取りをさりげなく確認していた。

しんから同情したようすで、ヘレは彼女に自分の携帯電話を差しだした。
顔じゅう涙でぐしゃぐしゃにして、借りた端末に向かってメッセージを打つ女性。

日本人なのでわたしが対応を代わろうかと思ったが、英語が話せるから大丈夫と言われ、そのまま任せることにした。

ヘンリエッテが聞いたところによると、オハイオ州在住のご主人が危篤だという。
だが、ご自身はグリーンカードを申請中なので、アメリカに入国できないと嘆いているらしい。

クルーは一丸となって女性を励まし、気がまぎれるよう窓際の席に移動させ、元気づけるために無料で飲み物を提供した。

食事のサービスが終わり、自分の携帯でWiFiを使いたいと女性がギャレーにやってきた。
通常、エコノミークラスでは有料でのご提供だが、事情が事情なので、彼女だけは無料で使っていいいと上から指示があった。

わたしはパスワードを入力し、手続きをしようとしたが、あいにく繋がらなかった。
接続状況が悪く、後ほどまたお手伝いさせていただくと伝えたあと、ご主人の容態について尋ねた。

すると、彼女はこう答えた。

「今日、会社に行けなかったって言うんです」

カイシャニ…イケナカッタ…?

一瞬、思考回路が停止した。

「…えっ?」

動揺を隠せないわたしに、彼女は取り繕うように続けた。

「歩けないって言うんですよぉ!それって、よっぽどじゃないですかぁ?」

鳩が豆鉄砲を食ったような気がした👀

だがひるんではいられない。
気を取り直してわたしは聞き返した。

「それで、病院には行かれたんですか?」

「いえ。うちで様子をみてるって」

そそ…それって…キトクとは言わないのでは?

その直後、疑惑が確信に変わった。

「白ワイン、もう一本もらえます?」

にっこり笑って、ワインを所望されたのだ。

夫が死にかけているのに、お酒を飲み続けているってどやさ?
不安でどうにかなってしまいそうだから、飲まなきゃやっていられない、って雰囲気でもない。

とりあえず、引き続き代金を請求することなくワインを渡した。

彼女が席に戻るのを見届けてから、わたしはそばにいたクルーを集めて言った。

「ご主人、具合が悪くて会社休んだだけみたい」

するとテレサが、合点がいったというふうに頷きながら、

「やっぱりね。あれだけ大泣きしていたのに、シャンパンちょうだいって言ったから、おかしいと思ったのよ」

夫が死にかけているのに、オメデタイ飲み物の代表であるシャンパンなんて頼むだろうか?
いや、頼まないだろう(反語)

さらに聞けば、トーマスは搭乗してすぐ彼女から座席をアップグレードしてと頼まれたそうだ。
理由なくアップグレードはできないと断ったら、泣きながら搭乗口に向かって行ったと。

点と点が繋がって、一本の線になっていく。

そうこうしているうちに、アメリカにいるご主人と連絡が取れた。

オハイオ大学には通っていたけれど、現在はロサンゼルス近郊にお住まいとのこと。

…ふつうにメッセージ交換できてるやん!

しかも「アメリカ」しか、キーワード合ってないやん!

そして彼女の席を見たら、ゴーゴー寝てはる!

その後もぐっすりお休みで、着陸まで目を覚ますことはなかった。

それでも、「心配して損した」とはならないのが、うちのクルーの良いところ。

「何事もなくて良かったね」と、みんなで苦笑いして水に流した。


応援クリックいただけると励みになります❤️

人気ブログランキング