ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

吸引力の変わらないただ一人のCA

f:id:ciel114:20180513173259j:plain

知らない人からよく声をかけられる。

世界中どこにいても、世界中の人から声をかけられる。

急いでいようが、いまいが。

人は、容赦なくわたしをつかまえては、何かを尋ねようとする。

 

先日など、急ぎの用があって音速で走っていたところを呼び止められ、道を聞かれそうになったので

「すみません、急いでるので」と立ち去ろうとしたら、チッと舌打ちされた。

🙀

ほかにも人、いっぱいいてるし!

歩いてる人、いっぱいいてるし!

 

とある一日を例にとろう。

銀座駅に降り立つ。

秒でつかまる。

白人男性「ギンザストリートはどこですか?」

わたし「とりあえず、地上に出てください」

ユニクロに入る。

中国人のおばさんから中国語でまくしたてられる。

店員と思いこんで、ほかのサイズだか色だか持ってこいと言っている(ようだ)

客であることをわからせようと、カバンを見せつけるが効き目ナシ。

仕方なく自分で店員さんを探して、

「こちらのお客様、あとお願いします」

言った後に自分でつっこむ。

(「あと」て何やねん)

元々ここの従業員ではないし、あとも先もない。

 

 お店シリーズは海外でも頻発する。

いつぞやは、乗務前に時間があったので空港ターミナルにあるH&Mを見ていた。

レジの前にいる外国人のおじさんがわたしを手招きする。

何だろうと思って目をやると、レジと自分の持っているカゴを交互に指差している。

(ねえちゃんサボってないで、はよレジ打ちなはれ)

おっちゃんの責めるような眼差しをはねつけるように、わたしは制カバンを見せつける。

エアラインの制服を来ていることを確認すると、おっちゃんはゴメンゴメンとバツが悪そうに別の店員を呼んだ。

別の店員…てか、元々わたしはここの従業員ではない。

 

市井の人々だけでなく、働く業界の人たちからも、何だかんだと勘違いされる。

ある時など、ホテルから出ている成田行きのバスを待っていたら

「ボーっと立ってないで、早くお客さんからチケットもらって!」と運転手から叱られた。

明らかに、ホテルのドアマンかベルボーイと間違えられている。

スーツケースを見せつけて、バスの乗客であることをアピール。

運転手は、そそくさと本物のドアマンの方へ行ってしまった。

(謝らんかワレw)

 

エアラインの制服を着ているのにこれだから、わたしはどこにでも馴染んでしまう外観をしているのだろう。

病院に人のお見舞いに行けば、知らない患者さんから看護師さんだと間違えられるし、その場その場の雰囲気にとけこんじゃうみたい。

ま、いろんな職業を体験できていっか?

 

わたしが複数人と一緒にいても、状況は変わらない。

ある日、息子の保護者会前に、ママ友たちと駅で待ち合わせをしていたら、サラジェシカパーカー(風味の人)がこちらに向かって歩いてきた。

ああきたな。

と思っていたら、案の定

「びきさんの前だ〜!」(ねるとん紅鯨団ふうに)

「科学技術館ハ ドコデスカ?」

道を知っているひと風情に見えるのかもしれないが、実は超絶方向音痴のわたし。

一緒にいたママ友にナビを使って助けてもらう。

 

うちの近くにいても同じことだ。

◯◯眼科はどこですか

イオンはどうやって行けばいいですか

マルエツへの道を教えてください

すぐに答えられる質問なら良いのだが、中には聞いたこともない場所を訊かれることも。

ある日、犬の散歩をしていると、通りすがりのおばあさんからメモを見せられ、この美容室に行きたいと言われた。

しばらく考えてみたが、どうしても思いつかず、ごめんなさいと言って別れた。

その後、犬とフラフラしていたら、さっき見た美容室の名前がかかれた看板が!

ここだったのか!

わたしはお店のドアを開け、事情を説明した。

すると「いらしてます!ちゃんといらしてますよ!」と美容師さん。

視線の先には、さきほど道に迷っていた老婦人がちょこんと椅子に座っていた。

お店の人から丁重にお礼を言われ、お店をあとにする。

するとまた知らないおばさんから

「ねぇあなた、どこのトリミング行ってる?」

唐突すぎてビックリしたが、とりあえず行きつけのサロンの名前を言う。

聞けば、最寄りのイオンのペットショップが閉店したため、次どこに行けばいいか悩んでいたそうだ。

 

ご近所シリーズもすごいが、世界シリーズはもっとすごい。

二年前、休暇をパリで過ごしたとき、一緒に行ったU子ちゃんはわたしの捕獲(され)率に驚いていた。

バトームッシュに乗ろうと船着場で待っていたら、韓国人とおぼしきカップルから

「次の船は何時に出ますか?」

凱旋門周辺にいたら、イタリア人が近づいてきて大きい地図を広げ

「アローラ、わたしたちは今どこにいますか?」

水上バスでは、アルジェリアから来たというOLさんに

「一緒に写真を撮りましょう」

毎日毎日、あの手この手で世界中の人が寄ってくるので、U子ちゃんは吹き出すようになってしまった。

「また来たで!爆」

 

今までで一番面白かったのが、コペンハーゲンの空港でデンマーク人から

「クリスチャンハウンへは、どの電車に乗ればいいですか?」と訊かれたことだ。

これは、新大阪にいるデンマーク人に「なんば行きの電車はどれですか?」と訊いているようなものだ。

自国の人がほかにもわんさか歩いているのに、わざわざ外国人を選ぶこともないだろう。

 

いつからこういう体質になってしまったのか。

自分でもよくわからないが、おそらくこの仕事を始めてからだと思う。

しかし妙齢の男性から「お茶でもいかがですか?」と声をかけられることは、ない。


人気ブログランキング