ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

ギャランドゥのほんとうの意味

f:id:ciel114:20180509005827j:plain

母校から同窓会報が届いた。

今年は創立百周年を迎えるとあって、さまざまなイベントが予定されている。

同時に、わたしが所属していたなぎなた部の同窓会も開かれることになった。

もう三十年近くご無沙汰している先輩方とお目にかかれるめったにない機会だ。

さっそくお休みを申請しなければ!

母校はなぎなたの強豪校で、毎年全国大会に出場していた。

強く美しい先輩たちが大好きで、声をからして応援していたのを覚えている。

自分たちの代も、わたしを除いてみんな上手かった。 

www.ciel114.com

www.ciel114.com

 わたしが重宝されたといえば、余興のときくらいだ。

十八番はテレサ・テンの「つぐない」だったのに、みんなは西城秀樹の「ギャランドゥ」の方を聞きたがった。

わたしはものまねが得意だ。

すぐ人の特徴をつかんで再現するので、その人が乗り移ったみたいとよく言われる。

その特技を活かして、声優になろうと思ったこともある。

実際、代々木にある声優養成所に通っていたこともあるほどだ。

ところで「ギャランドゥ」は、いったいいつから「あのへんの毛」を指す言葉になってしまったんだろう。

それは「走り出した恋の汽車は、止まりゃしないぜ」とヒデキが言うくらい、魅力的な女の人を形容する言葉であったはずだ。

真夜中に「ギャランドゥ」の意味について考えているとやるせなくなってきたので、今日はもう寝ます。

おやすみなさい💤

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、ポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング