ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

空飛ぶカバン

今週のお題「カバンの中身」

 

f:id:ciel114:20180425003358j:plain

 

わたしは、客室乗務員である。

東京をベースに、ヨーロッパへフライトしている。

仕事のとき、スーツケースと共にかならず持っていくのが、サムソナイトのショルダーバッグ。

いずれも会社から支給されたものだ。

わたしと同じく、ずいぶん年季が入ってきた。

少しばかりシミがあったり、すり切れている部分もあるが、それもまた味わいだと思っている。

 

さて、本題の中身であるが、ぜったいに忘れてはいけないのが、パスポートを始めとする各種ライセンス。

これらがないと飛ぶことができない。

わたしは、リサとガスパールのパスポートケースに、全部まとめて入れてある。

 

そのケースの中には他にも、大事なものが入っている。

そのほとんどが入社初期からのスタメンで、もう20年以上持ち運んでいるものだ。

 

夫からもらった初めてのプレゼントでもある、サルガデロスのお守り。

スペイン製の磁器のチャームで、人の手の形をしている。

楳図かずお氏の漫画「まことちゃん」の「サバラ」に、ちょっと似ている。

 

それから、義母にもらった、成田山のカエルのお守り。

キンキラキンで、背中には6つもラインストーンがあしらってある。

同封されていた紙には、「無事かえる」と書いてある。

こんな仕事をしている嫁の、旅の無事を願って贈られたものだ。

 

そして、お客さまが機内で作って下さった、ビーズでできたワニ。

どこの国の方だったか覚えていないが、「Ageru」と差し出された瞬間のことは今でも忘れない。

まだ日本語のできる外国人が少なかったころ、英語風の発音で日本語を話すその人はとてもかわいかった。

「えっ、わたしにですか?わぁ嬉しい!これは何ですか?」

「Wani」

ワニのワが、ワンダフルのWの音だったのを、耳が記憶している。

 

あとは財布など貴重品のほか、美容グッズがいくつか入っている。

ラロッシュポゼのミスト状化粧水に、エリザベスアーデンのエイトアワークリーム、ロクシタンのハンドクリーム。

飛行機の中は乾燥しているから、うるおいグッズが必需品なのだ。

 

www.ciel114.com 

www.ciel114.com

 

ほかにも、ママ友がくれたハンカチ、同期にもらったリップクリーム、息子からプレゼントされたマスコット人形。

バッグのジッパーには、母といっしょに買ったフクロウのキーホルダーがついている。

 

母がよく言っていた。

「フクロウは不苦労いうて、縁起物やねんで。」

なにも空にまで縁起を担いで行くことはないと思うのだが、このフクロウもまた、長年の道連れだ。

 

モノだけでなく、たいせつな人たちの優しさや思い出がいっぱい詰まったカバンを持って、明日もまた、わたしは世界の空を飛ぶ。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、ポチッと応援して下さると嬉しいです。

 


人気ブログランキング