ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

ヨーロッパにおける日本ブーム

f:id:ciel114:20180420172847j:plain

空前の日本ブームがきている。

日本食、 日本茶、マンガ、こけし。

なかでも、ジャパニーズグルメの人気は高まる一方。

わが社のクルーも例にもれず、フライトで日本に来たら、スシにヤキトーリ(なぜか伸ばす笑)を、思うぞんぶん堪能しているようだ。

ヨーロッパ人の名前には、寿司ネタっぽく聞こえるものがある。

トロ、エビ、ウニ、アジ…などがそれだ。

ある日、トビアスという名のクルーに「トビッコ」というあだ名を付けたら、いたく気に入られた。

以来、日本に来るたびに

「My name is Tobikko」と自己紹介しているという。

他のクルーが、なにそれと聞いたときに、「魚のたまごらしいよ!」とウキウキ答える彼に、

「あんた、ホントにそれでいいの?」って真顔で返されていたのがおかしかった。

漢字というのも、欧米人にとっては憧れのようだ。

腕やら腹に、漢字のタトゥーを入れている人をよく見かける。

日本人の名前は、たとえば幸子なら「ハッピーチャイルド」のように、それぞれ意味があって良いと羨ましがられる。

彼らの場合、saint(聖人)の名前から選んだり、歴史上の人物にちなんだり、ご先祖さまの名前を受け継いだりするのだが、名前自体に意味はないらしい。

だから、いつも当て字をしてくれと頼まれる。

わたしはクリエィティビティを働かせ、その人に合った漢字を当てがってやる。

アナトラには、穴虎(tiger in a hole)

ベントには、弁当(lunchbox)

そして前述のトビアスには、飛び明日(fly tomorrow )

明日を飛ぶ。

なんて素敵なんだろう!(自画自賛)

冒頭で、こけしがキテルと書いたが、あの静謐な佇まいとシュッとしたフォルムがなんとも言えないのだそうだ。

欧米の家屋にどうやって飾るのか疑問だったが、写真を見せてもらったら、とても素敵な空間ができあがっていた。

あるとき一緒に飛んだパーサーは、成田周辺の蚤の市だかフリーマーケットだかで、こけしをたくさん買ってきていた。

こけし達の足の裏に、なんか日本語でいっぱい書いてあるから翻訳してくれと言われて、着陸前にパーサーについて行ったら…

ものすごいことなってた!

パイロットたちが出払ったバンク(休憩室)に置かれた、数十体のこけし…

大きいものから小さいものまで、よくぞここまでと感心するくらいのこけしさんたちが、ベッドの上に所狭しと並べられていた。

足の裏というか底?を見ると、どれも達筆な文字で何やら書き込まれている。

しかし、日本人のわれわれにも分からないくらいだから、そうとう昔のものだと推測される。

あのパーサーは、自国に着いて、無事に税関を通過できたのだろうか。

今でも、それだけが気がかりだ。


コケシラバーズの台頭以前から、ギョーザは安定の人気❣️
よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

www.ciel114.com


人気ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、ポチッと一票いただけると嬉しいです。


人気ブログランキング