ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

やさしい関西弁講座

 

f:id:ciel114:20180410144813j:plain

 

みなさん、こんばんは。

やさしい関西弁講座の時間です。

今日は、一音節の単語につく助詞の省略について学びます。

 

関西弁では、

 

①主語を表す『が』

②連用修飾語を示す『を、に』

 

を省略することがあります。

 

ネイティブスピーカーのように話してみたい!

という人は、しっかり聞いてくださいね。

 

では、まず①から。

おもな例文を挙げてみましょう。

 

a 毛あらへん

b 根はえてきた

c 目とびでる

 

毛がない、根が生えてきた、目が飛び出る。

 

いずれも、格助詞『が』が省略されているのが分かります。

 

過去記事、

シャンパンにまつわるナイショ話

の文中にある「手ベタベタ系」も、こちらに分類されます。

 

www.ciel114.com

 

「手がベタベタになる」の『が』

すなわち、主語を表す格助詞の『が』

が、省略されているのがお分かり頂けたでしょう。

 

次です。

 

②の例文は、

 

a 蚊ころした

c 木のぼる

d 血すうたろか

 

蚊を殺した、木に登る、血を吸ってやろうか。

 

ここでも、格助詞『を』『に』が省略されていますね。

 

関西弁を話すうえで、助詞を省略する際にたいせつなのが、

毛、根、血、など、一音節からなる単語を発音するときには、

 

必ず語尾を伸ばす

 

ということです。

 

ケェーあらへん

ネェー生えてきた

チィー吸うたろか

 

というふうに、しっかりと語尾を伸ばすのがポイントです。

 

ほかにも、

 

胃いたい、歯ぬけた、背のびた、差つける、詩よむ、手かして、絵かく、戸あける、実でる

 

など、たくさんの省略形があります。

 

関西に赴任されたばかりの会社員の方、

関西の学校に入学された学生さん、

夫の赴任で関西に来られた主婦の方々。

 

 本講座が、みなさんの関西弁理解の一助となりましたら幸いです。

 

ネイティブ向けには、上級関西弁講座もご用意しております。

 

関西人には欠かせない『アメちゃん外交』、そして

アメなどの名詞につく敬称の規則性について勉強します。

ご興味のある方は、ふるってご参加ください。

 

www.ciel114.com

 

 

人気ブログランキングに参加しています。