ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが、人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪と、東京そして世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

下積み時代

空に憧れて

どこにでもいる大学生だった。 地元では一応、「ええとこ行ってはるんやね」と言われるレベルの大学だったから、就職であんなに苦労するとは思ってもいなかった。 バブル終焉の足音が、ひたひたと近づいているのに気づきもせず、わたしを含め人々はキリギリ…

商社ハケンOL時代

スチュワーデスを目指しながら、派遣社員をしていたことがある。 ハケンとはいえ、あこがれの商社勤務。 毎日おしゃれをして、OLとして働くのはとても楽しかった。 私が配属されたのは、ファッションブランドを扱う部署で、主に海外ブランドのライセンス契約…

就職は、運と相性、タイミング

模擬面接… スチュワーデススクールで、生徒が最も緊張する授業だ。 模擬とはいえ、面接官は元スチュワーデスで、選りすぐりの講師陣。 全国から厳しい基準で選ばれた外国人講師も、ペンを構えてまっすぐにこちらを見ている。 面接は入室から退室まで、本番さ…

5円を笑う者は5円に泣く

スチュワーデスになるための学校があるのをご存知だろうか? 美しい所作、好ましい受け答え、感じの良い服装やメイク… スチュワーデスになるためのノウハウを、徹底的に学べる場所だ。 私は、京都にある某スクールに通っていたが、そこでの授業はとても厳し…